分流式下水処理場・ポンプ場用洗浄分離プラントの株式会社サンエイ
サンドクリーンサンドセパレーター
 株式会社サンエイは、大阪大学大学院工学研究科の西嶋茂宏教授、池道彦教授(環境・エネルギー工学専攻)の 研究グループの指示のもと、福島県飯館村で沈砂洗浄装置による放射性セシウムの除染と汚染土壌の減容化に取り組んでいます。

 採用して頂いた装置は、株式会社サンエイが製造する空気揚砂攪拌式沈砂洗浄装置「サンドクリーン」です。 平成22年度に下水道新技術推進機構から審査証明書を取得し、全国の下水道施設ですでに20基ほどが稼働しています。 この装置を大阪大学が改造し、実証実験を行っています。

 実証実験の結果、投入量の85%にあたる土壌が6160Bqから1100Bqに下がり、埋戻しを可能とするとともに、 汚染土壌を元の15%まで減容化、放射セシウムを濃縮することに成功しました。

ページのトップへ戻る